アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ


第三回 新・午前十時の映画祭

2015/08/01 20:14
 第三回 新・午前十時の映画祭で上映されている「八月の鯨」を観ました。映画館の大スクリーンで映画を観るのは久しぶりでした。
画像

 サイレント映画にも出演していた93歳のリリアン・ギッシュと30〜40年代に活躍していた79歳のベティ・デイヴィスが姉妹役で主演しています。リリアン・ギッシュは、グレゴリー・ペックとジェニファー・ジョーンズ主演の「白昼の決闘」ではペックの母親役、オードリー・ヘップバーンとバート・ランカスター主演の「許されざる者」ではヘップバーンの育ての母親役でも出演しています。もっとさかのぼれば、サイレント映画の巨匠D・W・グリフィスの「国民の創生」、「イントレランス」、「散り行く花」などにも出演しています。
 西部劇ファンにはおなじみのフォード映画の脇役の常連だったハリー・ケリー・ジュニアが、家屋のメンテナンスを請け負うおじいさん役で出演しているのもうれしいところです。
 50年以上前に母親が海辺に建てた別荘で暮らす姉妹の日常を淡々と描いています。二人とも伴侶に先立たれ、母親が亡くなった年齢もとうに超えています。姉役のベティ・デイビスは目が見えなくなり妹の手を借りないと生活ができなくなってしまいかなり卑屈になっている様子が描かれています。面白いのは実年齢では10歳以上も年上のリリアン・ギッシュがお世話をする妹役なのです。映画を観ればすぐわかるのですが、風貌といい、雰囲気といい実年齢を知らなければ、ピッタリの役柄です。(左がリリアン・ギッシュ、右がベティ・デイヴィス、下段は二人が若かりし最も綺麗だった頃の写真です。)
画像

 老境に差し掛かっている私が、この映画を観終ってホッとしたのは、妹は何事にも前向きなのですが、眼が見えなくなった姉は、最初はかたくなに新しいことは何もしたくないと拒んでいたのに、最後には「景色を見る窓を作って」とハリー・ケリー・ジュニアに頼んだことです。残された人生は、精一杯楽しく生きたいという気持に変わってきたのです。我われ老人族は見習いたいものですね。ちなみにアメリカでは、景色を観るために「ピクチャーウインドウ」といって専用の窓を作ることがあるようです。日本庭園で有名な足立美術館には、庭園を観るための専用の窓があったように思いますが、日本の住宅ではあまりないようです。
 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


DVDコレクションその後

2014/02/01 09:23
昨年の6月にDVDコレクションをご紹介いたしましたが、その後半年余り経過し、さらに12本ほどコレクションが増えました。アルフレッド・ヒッチコック監督の代表作3本とジョン・スタージェス監督の代表作2本、さらにジョン・フォード監督、ウイリアム・ワイラー監督の作品を1本ずつ、さらにどちらからというと監督からではなく、出演者から選んだ5本です。年代別にみると、40年代1本、50年代6本、60年代3本、70年代2本です。
アルフレッド・ヒッチコック監督作品
・裏窓
・めまい
・北北西に進路をとれ
ジョン・スタージェス監督作品
・荒野の七人
・大脱走
ジョン・フォード監督作品
・捜索者
ウイリアム・ワイラー監督作品
・大いなる西部
その他の監督作品
・拳銃無宿 ジョン.ウェイン http://youtu.be/CyiirU6npQ0
・昼下がりの情事 オードリー・ヘップバーン
・十戒 チャールトン・ヘストン
・ダーティハリー クリント・イースウッド
・タワーリング・インフェルノ ステー・マックイーン、ポール・ニューマン、ウイリアム・ホールデン
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


捜索者 by John Ford

2013/11/01 17:05
 この映画は公開当時はあまり評判がよくなかったようですが、その後評価が見直されジョンフォード西部劇の傑作に一つといわれているようです。ジョン・ウェイン扮するイーサンの演技が怖いほど素晴らしく感じます。
 当時の映画のほとんどがそうですが、ロケ地での撮影とスタジオでの撮影がすぐわかるので、リアリティの観点からするとどうしても物足りないところはありますが、そのことを差し引いてもよい映画だと思います。
 主演のジョン・ウェインに加えて、デビー役の当時まだハイティーンであったナタリー・ウッドが観られるところも好きな理由の一つです。
 冒頭のイーサンが弟の家に数年ぶりに帰って来るシーン、最後のデビーをジョーゲンセンの家へ連れ帰るシーンともに、イーサンのシルエットを入り口から外に向かって撮影されている印象的なシーンが忘れられません。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「ウエストサイド物語」と「サウンド・オブ・ミュージック」

2013/10/01 08:56
 ほぼ半世紀前に初めて観た時は、ウエストサイド物語の悲劇に大きな感動をおぼえましたが、今あらためて観比べてみると、サウンド・オブ・ミュージックの方にも惹かれてしまいます。2本ともロバート・ワイズ監督がアカデミー監督賞を受賞した作品で、冒頭は舞台となるニューヨークとアルプスの山々の空撮から入るという点では共通点があります。しかし、悲劇に終わるウエストサイド物語に対して、ナチの手から無事逃げることができハッピーエンドで終わるサウンド・オブ・ミュージックは対照的です。
 ウエストサイド物語のマリアの歌声は吹替えであり、演じたナタリー・ウッドには吹替えを使うことを明確に知らされてなかったらしく、後日制作会社ともめたようです。一方サウンド・オブ・ミュージックは、歌手でもあるジュリー・アンドリュースの歌声です。主役の歌で吹替えが使われると、前後のセリフの声との違いが分かり、どうしても違和感があります。場合によっては一部のセリフまで吹き替えざるを得ないこともあるようです。
 よい映画は繰り返し繰り返し何度でも観たくなるものです。この2本のミュージカルも何回観ても新たな発見があり、また観たくなります。







記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


DVDコレクション

2013/06/01 08:21
 昨年から映画DVDのコレクションを始めました。青春時代に観た1940年代から1960年代に制作されたものが中心です。昔は封切り館での上映の後でも、数年間はいわゆる「名画座」といわれるような映画館で上映されておりました。さらにその後も、リバイバル上映もしょっちゅうやっていましたので、私の生まれる前の映画でも、観る機会はあったのです。
 繰り返し観ることに喜びを感じている私としましては、あまり多くなりすぎても観ることができません。毎週1本観ても1年間で観終る50本ほどと思っていました。そろそろ50本に近づいてきました。そろそろ終わりにしようかとも思っていますが、まだ欲しい映画もありなかなか踏ん切りがつきません。
*DVDコレクション*  (監督名は省略していますが、監督名のABC順に並んでいます。)
・マクリントック(1964)
・ティファニーで朝食を(1961)
・第三の男(1949)
・ミセス・ダウト(1993)
・戦場にかける橋(1957)
・アラビアのロレンス(1962)
・ドクトルジバゴ(1965)
・エデンの東(1954)
・ゴッドファーザー(1972)
・ゴッドファーザーPARTU(1974)
・素晴らしき哉、人生!(1946)
・真昼の決闘(1952)
・マ・イ・フェア・レディ(1964)
・市民ケーン(1941)
・ラスベガス万歳(1964)
・シェーン(1953)
・ニュー・シネマ・パラダイス(1989)
・西部開拓史(1962)
・赤い河(1948)
・リオ・ブラボー(1958)
・駅馬車(1939)
・荒野の決闘(1946)
・アパッチ砦(1948)
・黄色いリボン(1949)
・リオ・グランデの砦(1950)
・許されざる者(1960)
・太陽の帝王(1963)
・OK牧場の決闘(1957)
・白昼の決闘(1946)
・戦争と平和(1956)
・天井桟敷の人々(1944)
・嘆きのテレーズ(1953)
・カサブランカ(1942)
・禁じられた遊び(1952)
・ウエストサイド物語(1961)
・サウンド・オブ・ミュージック(1965)
・荒野のガンマン(1961)
・ワイルドバンチ(1969)
・誰がために鐘は鳴る(1943)
・シャレード(1963)
・007/ドクター・ノオ(1962)
・007/ロシアより愛をこめて(1963)
・007/サンダーボール作戦(1965)
・風と共に去りぬ(1939)
・ローマの休日(1953)
・ベンハー(1959)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


ホームシアター完成

2013/04/01 09:26
やっとスクリーンの裏側にスピーカ3個を取り付けてホームシアターが完成しました。

窓用のロールスクリーンを投射用スクリーンにしました。
画像


左の下部だけ少し写っているのがサテライトスピーカで、右の大きい方がウーハーです。その右に取り付けたサテライトスピーカーは写っていません。天井と壁を這わせて配線し、2.1chのPCスピーカーを取り付けました。
画像


スペースがないために、プロジェクターと並んで観ることになりました。向かって左の窓際の席に座ると、冷却用のファンの音と風が少し気になります。
画像


真っ暗にしなくても、カーテンを閉めるだけで全く問題はありません。プロジェクターの仕様によると、明るさは2000ルーメンです。画面は「ドクトル・ジバゴ」の冒頭のアレック・ギネスがでているシーンです。
画像






【送料無料】エプソン お得祭り2012キャンペーンモデル/プロジェクター/EB-X14+80型携帯ワイドスクリーン EB-X14C9 4988617132528
オンラインショッパーズ
お得祭り2012 期間限定の価格でビジネス応援!!商品詳細■2012/3/28※遠隔地、郡部、山間部

楽天市場 by 【送料無料】エプソン お得祭り2012キャンペーンモデル/プロジェクター/EB-X14+80型携帯ワイドスクリーン EB-X14C9 4988617132528 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ホームシアター

2013/03/01 09:27
 小さなゲストハウスにミニホームシアターを作っています。DVD内蔵のプロジェクターと窓用のロールスクリーン、加えて2.1chのPCスピーカーの三つでできています。
 最近はDVDも買いやすい価格になり、好きな映画のコレクションも容易にできるようになりました。以前は考えられなかったことです。
 まだ未完成ですが、スクリーンは取り付けましたので、一応DVDを観ることはできるようになりました。プロジェクターとスピーカーの定位置への設置は、これから楽しみながらやりたいと思っています。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


映画「禁じられた遊び」少女ポレットのその後

2013/02/01 09:24
ナルシソ・イエペスのギターでも有名な「禁じられた遊び」ですが、60年前に公開されたフランス映画です。団塊世代の私たちでは知らない人はいないでしょう。少女ポレットを演じたブリジット・フォッセーのその後を知るきっかけになったのは、「ニュー・シネマ・パラダイス」の完全オリジナル版と称してだされているDVDを観たことでした。「ニュー・シネマ・パラダイス」の劇場公開版ではカットされていた主人公トトの昔の恋人役で出演していたのが40年後のブリジット・フォッセーだったのです。興味本位でネットで調べてみると、「禁じられた遊び」出演後の数年は子役として活躍していたが、その後お休みをして20歳になってからはまた女優をやっていたとのことです。
「禁じられた遊び」http://youtu.be/B_lbqHQk-lA
「ニュー・シネマ・パラダイス」http://youtu.be/VuaZyTH8OD8
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ジョン・フォード 騎兵隊三部作

2012/11/01 15:16
 1948年から毎年一作づつ作られた騎兵隊三部作「アパッチ砦」、「黄色いリボン」、「リオ・グランデの砦」はどれも好きな映画の一つです。私の独断と偏見で、あえて順位をつけるとすれば、制作年の新しい順で、1位「リオグランデの砦」、2位「黄色いリボン」、3位「アパッチ砦」です。主演男優はすべてジョン・ウエインで、脇役の男優はジョン・フォード一家のおなじみのメンバーですが、女優は三作とも別人です。「リオグランデの砦」には西部劇ではおなじみのモーリン・オハラ、「黄色いリボン」にはこれも西部劇によく出演している当時の若手ジョアン・ドルー、「アパッチ砦」には子役の時から有名なシャーリー・テンプルと多彩です。私が付けた順位は好みの女優の順位のようです。
 1940〜50年代の西部劇、特にジョンフォードの西部劇は、何回観ても飽きることありません。白人サイドからインディアンとの戦いを描いているのが多いのですが、信義を重んじるインディアンが登場するし、必ずしも白人サイドからの正義だけを描いているわけではありません。ほのぼのとした人間愛が描かれており、映画を観た後ではほほっとした気分になれるのです。よく出てくるセリフに「yankee's justice」というのがあります。これは、ジョン・フォードが南北戦争をどのように評価していたかはわかりませんが、何かしら南軍びいきではないかと思わせるのと同時に、人間の判断は相対的であり、一方の正義は他の正義にはならないこともあることを示唆しているようなセリフです。
アパッチ砦予告編       http://www.youtube.com/watch?v=5d3a_gKeeZk
黄色いリボン予告編     http://www.youtube.com/watch?v=coT6cA6lvnc
リオ・グランデの砦予告編 http://www.youtube.com/watch?v=oo7CHY544HY
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


「アラビアのロレンス」

2012/10/15 09:56
 デビット・リーン監督の「アラビアのロレンス」を観ると、今も混沌としているアラブの世界が、少しは解るような気がします。ほぼ一世紀前の史実に基づいた映画ですが、アラブの部族が対立し、一つの国としてのまとまりがまったくない様子が窺えます。今でも、いくつかの中東の国々では、部族同士が対立し武力闘争が起きている現状を見ると、100年たっても人の心は変わらないところがあるようです。
 この映画は、ストーリーの展開の面白さに加えて、灼熱の砂漠の様子を写した映像は、一つの絵としての美しさが感じられます。また、ラクダに乗ったアラブ軍の砂漠を行く姿もスケールが大きく、何回観ても感動を覚えます。




アラビアのロレンス [完全版]デラックス・コレクターズ・エデション (2枚組) [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アラビアのロレンス [完全版]デラックス・コレクターズ・エデション (2枚組) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
映画「風と共に去りぬ」
 1936年に発表されたマーガレット・ミッチェルの小説を1939年に当時としてはまだ珍しかったカラー映像で映画化したものです。私の好きな映画の一つです。日本で公開されたのは1952年で、映画がつくられて13年後のことのようです。私が初めて観たのはたぶん1960年代であったと思います。  ヒロイン スカーレットの青春時代から、南北戦争で南部が敗れても、スカーレットが力強く生き抜く様を描いた歴史小説を原作とした4時間近くの映画です。物語は、スカーレットとメラニー、レットとアシュレの対比を通して展開... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/03 16:30

トップへ | みんなの「映画」ブログ

杜の年金生活 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる