アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「参議院選挙」のブログ記事

みんなの「参議院選挙」ブログ


ネット選挙

2013/07/01 09:41
この4日には参議院選挙が公示され、3週間後の21日が投票日となりました。ネット選挙がOKとなり、各候補者、政党は自らの主張をネットで公開することができるようになり、より多くの情報に触れる機会は増えるのでしょうが、今のところどうも盛り上がりに欠けています。各候補者、政党は自らの主張を特に他の候補者、政党との違いをわかりやすく国民に説明してほしいものです。
公示前という制約もあるのでしょうが、立候補予定者の公約や人となりをわかりやすく掲載したサイトは見当たりません。Livedoor に「参議院選挙を知る!」というまとめのサイトがあるようです。候補者や政党を紹介していますが、今のところ候補者のプロフィールの紹介程度です。
http://www.参議院選挙2013.biz(直接リンクはしていません)
静岡に関していえば、地元新聞社が参議院選挙関連のニュースを集めた「参院選静岡ニュース」というページがありました。
http://www.at-s.com/news/election_sangiin/s_news/
各政党は票を獲得するための方策最優先で取り組むようですが、有権者としては候補者の中から誰を選ぶか、比例区であればどの政党を選ぶかしかないのですから、そのために役に立つ情報を求めているのです。公平な立場の選挙管理委員会は、ネットへの選挙公報や政見放送の公開は当然のこととして、候補者の討論会などを動画で流すなどの新しい取り組みを試みるなど、より国民が比較検討でき、ネット選挙を身近に感じるような創意工夫をして欲しいものです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


参議院選挙に行こう

2010/07/01 13:50
7月11日は参議院選挙です。民主党政権に期待していたが裏切られたとの思いを持つ国民も多いと思われます。ならば、自民党に戻った方がよいと思っているかと言えばそうではないでしょう。国民としてどのような選択肢があるのでしょうか。どの政党に投票しても国民生活がよくならないのであれば、投票を棄権してもよいのでしょうか。答えは否です。投票日まで残り10日しかありませんが、当選したならば、国民のために働いてくれると思われる候補者に1票を投じることは、我々国民の義務です。
私の住む静岡県は6名の候補者が立候補している激戦区です。私も未だ誰に投票するかは決めかねていますが、投票直前まで熟慮して投票したいと思っています。
いつも思うことですが、党利党略ではなく、主権者である国民のために国会議員としての仕事をしてくれる候補者を何としても見極めたいものです。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「参議院選挙」ブログ

杜の年金生活 参議院選挙のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる